土地の査定はどうやつて行うのですか?

不動産査定の知識

土地の査定はどうやつて行うのですか?

現地も見ずに行う机上査定では正確さに不安が残りますので査定は原則、現地確認をしてから行います。

現地に行けば土地のある場所の雰囲気(臭いや風通し、日当たり等隣接地を含めた周辺の雰囲気等の五感による判断も大切です)もわかります。建物が建っていない更地の査定では、査定価格を出していくうえで20項目を超える査定ポイントをひとつひとつチェックしていきます。

例えば敷地が接している前面の道路についてのチェツクでは、接面道路の方位、道路幅員(原則4m以上あることが必要)、舗装状況、敷地と道路との高低差等は必ず現地で確認を行います。

さらに役所調査で道路に上下水道管が埋設されているかどうか、きちんとした確定測量図が備わっているかどうか、建築基準法上認められている道路かどうか等の書類調査も必要になります。

査定する本体土地自体の調査もとても大切でありますが、土地に接する「道路」の調査だけでもたくさんのチェック箇所があることがおわかりいただけたと思います。

インターネット上で調べると土地の価格が多く表示されますが、これは自分の所有している土地の価格を類推するには使えます。しかし、より具体的に自分の所有している土地が果たしていくらぐらいの価値があるのかという精度の高い判断には至りません。ですからより精度の高い査定価格を出すためには、やはり現地に行った上で、多数の必要データを使った上に五感を駆使して行うことがとても大切になります。

熊本県菊池郡菊陽町津久礼2220-1番地
定休日:日祝日    TEL:096-232-3694
営業時間:10:00~17:00 FAX:096-232-3820

不動産の売却査定を今すぐ申し込む!
簡単な内容入力で、無料で物件の価格査定を行えます。

無料査定のお申し込みフォームに簡単な内容を入力くだされば、追って、お返事や詳細をメールかお電話でさせて頂きます。訪問査定の場合、日時などの確認などをさせて頂きます。お気軽に申し込みください。

今すぐ無料査定の申し込み

関連記事一覧

月毎の記事を見る

カテゴリ別に記事を見る